携帯料金が6台で月6000円以上掛かってて不満

格安SIM MVNO

我が家は5人家族で、私たち夫婦と長男のガラケーとスマホが各3台、あと2台のタブレットがあります。

計6台で6000円以上掛かってます。

計算上では最安値5000円台くらいまで下がるはずなのに。

まあそれでも世間から比べるとかなり安い方だと思いますけど、その種明かしはスマホ3台のうち夫婦分の2台にはIIJmioのデータ専用SIMをいれて、息子分のスマホにはSo-netの0SIM(ゼロシム)で運用してるからなんですよ。

ガラケーは3台ともauで通話のみ、無料通話付プラン。

スポンサーリンク

データ通信用格安SIM

格安SIMのIIJmio

うちが使用しているMVNO会社はIIJmio。

docomo回線を使用したMVNOなので、基本的にdocomo端末であればほぼ使用可能なのです。

しかも3Gまでなら900円(税別)で、余った分は翌月まで繰越OK。

一番安い格安SIMは0SIM

当初はデジモノステーションという雑誌の付録についていた0SIMですが、あまりの反響の大きさに正式販売されるようになりました。

デジモノステーションの付録の0SIM

0SIMはデジモノステーションとコラボされたものだった

ただ現在は月に7777枚限定で、1人1枚に限り申し込み可能です。

あくまで噂ですが、0SIMを申し込む人のなかにはSIMを入れ替えて0円運用していた人もいるっぽく、このような処置になったようです。

普段持ち歩かないタブレットのネクサス7は、地味に大きいので車でのナビ用として使っていますが、そういった端末に0SIMはとっても助かります。

あと、ソフトバンクのiPadをWiFi運用に切り替えて0円運用中。

格安SIMの欠点

格安SIMはキャリアメールがないのでGmailを使うようになるんですけど、致命的なのは、キャリアメールにGmailが届かないケースが多いということ。

スパムメール扱いされて迷惑メールに振り分けられるケースがあります。

でも、どうしても連絡先としてキャリアメールを残すと、メールを受信するだけでもパケット料金が取られてしまうのです。

文章だけのテキストメールならまだしも、写真付きで送られたらちょっと痛手ですからね。

まとめ

シムフリー機種では最近、ASUSのZenfoneとか、中国のHUAWEIの知名度上がってきましたよね。

ま、私の場合ブックオフで中古のdocomo端末買って十分満足してますけど、実際何でそんなにハイスペックな端末が必要なのかわかんない。

どちらにしても通信費は安いに越したことはないので、これからも極力抑えていきたいと思います。

家計の見直しをしてみようとおもいます。

携帯のオプションを見直してたら月々の料金は1000円以上節約できた
自分の好きなものにお金を使うために、誰しも節約というのは心がけてると思います。 でも意外と見逃してるお金という物があるから、たまには家計や料金をチェックしてみると意外な落とし穴があるものです。 うちも、携帯料金のオプションを見直...
誰しも節約は心がけているとはいえ、定期的には家計の見直しを
来年は長男の高校進学があります。普段から無駄使いはしてないつもりでも、やっぱりどこかありそう。ということで、改めて家計を見直し。食費に関しては成長期真っ盛りの食いしん坊がいるからある程度は仕方ないとしても、目をつけたのは・・・...

 

コメント