スポンサーリンク

デジモノステーションとのコラボ企画、最安値SIMのSonetの0SIM

格安SIM MVNO

もう・・・びっくり!!

私のライフスタイルでは間違いなく最安値。

なんと!!!

0円ですっ

ただしデータ専用で499Mまで。

期待はずれ?

でも私の場合、スマホでゲームはしないし、LTE使って動画を見ることもめったにない。

何より自宅にも職場にも利用できるWiFiがある。

移動はほとんど車だから動画を見ることなんて皆無。

試しに過去3カ月の利用状況を見てみても500M以下ばかり。

 

もちろん誤差もあるだろうけど下手したら200Mとか。

問題は499Mを越えたらいくらなの?というと

100Mごとに100円で2Gを越えると1600円で5Gまで定額。

素晴らしきかな^^

ほとんどのケースで今より安くなることは間違いないです

スポンサーリンク

So-net 0SIM

そして、そのサービスの名前は

So-net 0SIM (ソネット ゼロシム)

料金体系のイメージはこんな感じ

格安SIMを使う人で5Gを越えるような使い方をする人はごく少数とは思いますけど、それ以降はチャージ制で別料金になります。

普段メールとかLINEとか、出先での調べ物くらいしかしないと言う人には検討の価値はありそう

デジモノステーションとのコラボ企画

早速注文し、今日届きました。

デジモノステーションの付録の0SIM

0SIMはデジモノステーションとコラボされたものだった

あれ?

SIMじゃない??

・・・そう

元々はデジモノステーションという雑誌の付録についてたみたいですね。

全然知らなかったんですけど、いろんなブログでも「コラボSIM」として紹介されて噂になってたみたいです。

デジモノステーションの付録はnanoサイズSIMだった

ところが~??

デジモノステーションの付録の0SIM

まさかの「nanoSIM」(正規版では各サイズ選択できます)

まさかのっていうか、知ってましたけどね。

コラボSIMはnanoサイズなので、マイクロSIMにするためにはアダプターが必要です。

楽天で安いの見つけて買ったんですけど、まさかの1週間掛かりました

今時ネット通販で1週間って・・・

デジモノステーションでSIMを手に入れた理由

今回わざわざこちらのコラボSIMを買った理由は二つ。

  • 正規版は申し込みが集中しているため、発送に時間が掛かっていること
  • デジモノステーションで購入すると楽天ポイントがあったため、正規版のSIMより安価に手にいられること。

いろいろとレビューしてみたいと思います。

 

コメント