スポンサーリンク

持家派・賃貸派どっちが得か?私の中で決着

コラム

不動産投資に興味のある私にとって気になるのは、持家と賃貸のどっちが得か?という議論。

持ち家派には税金や修繕費、ローン金利や災害時にどうたらこうたらというデメリットがあるのは百も承知。

生涯の住居費にかかわるお金だけだったら多分賃貸・・・かもしれない。

以前50代の人と思われる方のブログを読んでて、同窓会かなんかで「みんな住宅ローン終わったから住むとこには困らんね~」みたいな記事を読みました。

今住宅ローンを抱える我が家にとっては、とってもうらやましく思ったんですけど、持ち家派の私としては「やっぱりそうだよなぁ」って思いました。

スポンサーリンク

持ち家と賃貸派老後に違い

住宅ローンさえ終わってしまえば、後は家のメンテナンス費だけで済むので、老後に掛る住居費というのはかなり小さくすることが出来るはずです。

逆に賃貸では持家より居住費が安く済んだ分をきちんと確保しておかないと、老後の生活に住宅費が間違いなく重荷としてのしかかるわけです。

年金受給額に不安

家賃を払うために年金の受給額に悩む
年金安すぎ!家賃が払えない

そうでないと、今現在の年金額では生活はできるけど住居費が足らない、住居費を払うと生活費が足らないという事が発生しかねない、と言うより多分そうなります。

その時の年金額が今の水準より低下している可能性の方が高いわけですし、以前安倍さんも気になること言ってましたしね。

持ち家と賃貸は夫婦間でも意見の割れるところ
先日、会社の事務の女の子と話をしていました。まだまだ新しい軽自動車から、トヨタの普通車を新車で購入し、前の車は下取りだとか買い取りだとか検討したけど残金は全額ローンとか。自分からしたら車に掛けるローン金利ってもったいないと...

貯蓄は先引きが基本

よく貯蓄するためには、先に手元から貯蓄に回しておくという先引きの方法をおすすめされますが、賃貸派の人はこのことを踏まえてしっかり貯蓄しておくことをお勧めします。

結局持ち家と賃貸はどっちが得?

じゃぁ、実際どちらが得なんでしょうか。

私の住んでる地方では、よく(ボーナス併用で)家賃と同じくらいで家が買えるとかチラシが入ってたりします。

最近は金利も下がってきたので、かなり利息分は少なくなったともうのですが、私が自宅を建てた当時のことを思いだすと、期間や金利次第ですが、最低でも借入の1.3倍くらいは払うことになるように記憶しています。

それだけのお金を出すのならと賃貸を選択される人が多いのも一つです。

賃貸経営している人が賃貸を推していた

でも、不動産投資に興味を持っている持家派の私がどちらが得かと聞かれたら、間違いなく賃貸を推しますね。

だって、入居者がなければ成り立たない投資手段ですから。

実は以前ネットで読んだ記事で「賃貸がいいよ、安く済むよ」と煽るコラムを書いている人の経歴が、実は賃貸経営をしている人だったのを知ってしまったんです。

自分で資産運用できるのなら賃貸もあり

上の方で、貯蓄をするなら先引きでということに触れましたけど、今の銀行の金利では貯めるだけで増えません。

ですから、資産を運用して行かなければ、増えるということはまずありません。

収入源を増やす、資金を増やすという事に疎い日本人にはちょっと難しそうですよね。

まとめ

最終的な私の判断としては、「安心感からは持家、継続的に安定した収入が期待できる人や資産運用で計算上成り立つ人では賃貸」という結論に至りました。

私は将来的に「住むところがある」という安心感が欲しいから自分は持ち家派でいいや。

まぁ、転勤の有無やライフスタイル、居住地域によってもどちらが得かは変わってきますから、ネットや雑誌の情報を鵜呑みにせずご自身で判断されますように。

コメント