高還元だけでいい?クレジットカードを選ぶ時に気をつけたいポイント

クレジットカード クレジットカード

クレジットカードはお使いですか?

昔はクレジットカードを持つだけで年会費がかかったりしてましたけど、今はいろんなお店なんかが自社カードにクレジットブランドを付けて発行してたりしますから、使ってないけどクレジット機能が付いたカードをお持ちの方は多いことでしょうね。

さて、そんなクレジットカードですが、有効に使えてますか?

・・・

そう、意外と意識して使ってないと言う人も多いんじゃないでしょうか。

そこで私がおすすめするクレジットカードのポイントをたった一つだけお伝えしたいと思います。

それは、「クレジットカードで還元されたポイントを、どう利用するか? 」という点です。

スポンサーリンク

ポイントが高還元なクレジットカード

クレジットカードを利用する理由はなんでしょうか?

一つには支払い日を統一出来るとか、利用料金をチェックするのがクレジットカードだけで済むと言った建て前もあります。

ですが多くの方は、「どうせ払うものなら、ポイントで高還元された方がいい」という本音もあることでしょう。

1%あれば高還元

日本発の国際ブランドのJCBの還元率は0.5%の還元率です。(一部を除きます)

なので、1%あればまず高還元なクレジットカードです。

私も色々比較検討しましたけど、まず1%あれば及第点です。

以前は1%を超えるようなクレジットカードがあったのも知ってますけど、まずは無難に1%還元されるカードを選択しましょう。

いくらごとに還元されるか?

仮に10万円に2000円分のポイント(2%)という高還元なクレジットカードが存在したとしましょう。

でも、いくら高還元で10万円に満たない額でポイントがつかないようなら意味がありません。

わかりますでしょうか。

還元される金額が小さければ小さいほど、利用者としてはありがたいわけです。

シミュレーションとして、1980円の買い物をしたと仮定しましょう。

1000円単位10円分
100円単位19円分

1000円単位のポイント還元ですと10円分しか還元されませんが、100円単位であれば19円分還元されるわけです。

電気代をクレジット支払いする人もいると思いますし、ガスや携帯、生命保険や医療保険、自動車保険の支払いをされる方もいるでしょう。

高速道路のETCも払うかもしれませんね。

この例でいうとたったの9円分かも知れませけど、これらが積もり積もったら凄い額になると思いません?

クレジットカードで還元されたポイントを、どう利用するか

クレジットカードの
ポイントをどう使う?

以前我が家のクレジットカードは、某家電店のカードを使用していました。

確かに1%の還元ではありましたけど、ポイントはその家電店でしか使用できず、なかなか不自由したのです。

生活する上で家電なんかは定期的に購入するわけでもなく、それならもっと身近な生活用品が購入できるようなポイントが付く方がいいという人もいらっしゃいますよね。

「クレジットカードで還元されたポイントを、どう利用するか?」という獲得したポイントの出口戦略ということも一つの重要なポイントです。

その点楽天カードなんかは出口戦略に適したカードだと思いますね。

サラリーマンの持つクレジットカードに楽天カードをおすすめする5つの理由
楽天カードはサラリーマンにおすすめします。ポイントもたまり、使い道も広い他に、特に家庭持ちのお父さんには最適なカードです。

まとめ

クレジットカードは実にさまざまなカードが発行されています。

ですが生活するにおいて利用しやすいカード、お得なカードと言うのは人それぞれです。

ネット上にはクレジットカードの比較サイトなんかもありますけど、自分にとって本当に利用しやすいのはどんなカードか?ということを第一に作ってほしいと思います。

コメント