引越し貧乏なんてイヤ!損しないように一括見積もりを取ろう

引越し 節約ネタ

3月です。いよいよ別れの季節がやってきました。

そして別れが済めば新しい生活へ旅立つ人も多いと思います。

進学や就職で引越しという方にぜひおすすめしておきたいのが、引越しの一括見積もり比較です。

特に今年はレオパレス21の不正もあり、引越し業者がお断り単価などを掲げてくるケースもあるかもしれません。

まだ引越し業者を決めてないんだよなぁ、という人にはぜひ一括見積もりをして、損しない引越しをしましょう。

スポンサーリンク

引越しに掛る費用

引越しには、新居の敷金や礼金、1ヶ月目の家賃などを支払うと、数十万単位のお金が既に動いていると思います。

さらに引越しに掛るお金というものはこれらのものがあります。

  • 不用品の処分
  • エアコンの脱着
  • 新居での日用品の購入
  • 引越し費用

不用品の処分

はっきり言って厄介なヤツです。

ワザワザ箱詰めしてまで新居へ持っていく必要のないものもあると思います。

でも分別をしてゴミとして処分しようものなら、ちょっと近隣のゴミステーションに出すには気が引ける量になったりします。

そうなると地域の処分施設まで持ち込むということになるのですけど、車やトラックがないとちょっと難しいですよね。

引越し業者さんの中にはこれら不用品の処分を引きうけてくれる業者さんもありますし、業者さんによっては物によって買取してくれるケースもあります。

デスクトップのパソコンなどは、パソコン回収のリネットを利用してみてはどうでしょうか。

自宅で眠ってる不要なパソコンを処分するなら無料回収のリネット
眠ってるパソコンの処分は国の認定してリネットへ。データ消去用のソフトも無償提供してもらえますので安心しいて依頼できます。

エアコン脱着

エアコンの脱着は結構厄介で、冷却ガスなどをしっかり回収してから外さないと、余計な出費になる可能性もあります。

夏前やこの引っ越しシーズンというのは家電販売店のエアコン業者さんもいっぱいで、取外しが間に合わないということもあります。

もちろんこれらも引越し業者さんに依頼すれば、引き受けてくれます。

新居での日用品の購入

結構これがバカにならないんです。

消耗品などはワザワザ持って行くより、現地で購入した方が荷物も増えませんからベターです。

こういうものは結構こまごましてかさばりますしね。

ロハコで購入して新居へ届けてもらうといった方法も便利ですね。

引越し費用

そして引越し費用。

これが結構マチマチなのです。

距離や作業員の数、荷物の量や住んでいる階数によっても異なる場合があります。

引越し業者さんの中には、荷作りから荷ほどきまでしてくれる業者さんもありますけど、この時期はかなり高額になってる事が予想されます。

そこで一括見積もりの出番です。

忙しい、時間がないからこそ一括見積もり

引越しは私も6回経験してますけど、はっきり言って忙しいです。

直前まで生活をしていて、引越し直後からまた生活を始めないといけないわけです。

時期を外せばゆっくりと引越しが出来ますけど、この時期は不動産屋さんも急かしてくるでしょうから、やっぱり明日とかって言うことはできないわけです。

まずは一括見積もりをして、見積りが届くまでの間に他のことを決めていきましょう。

最短60秒で入力完了

引越しの達人で見積り比較

引越しの見積り比較サイト、引越しの達人は今年で15年目。

サカイ引越センターやアート引越センターといった大手に一括で依頼をすることが出来ます。

新生活応援特典

コスモ石油やイオンショップといった約4,000もの企業のサービスが、最大80%割引という新生活の応援特典があります。

先ほども書きましたように、引越し先での日用品の購入といった出費は地味に堪えるものです。

インターネットの工事を依頼するとキャッシュバック

引越し先でも必要になると思われるのが、インターネットの回線。

これらを同時に依頼すると、条件によってお祝金として最大6万円のキャッシュバックを受けることが出来ます。

最近は携帯と一緒に回線を引いてる方もいらっしゃるかと思いますし、違約金が発生した場合にはこのお祝金から支払えますから助かるケースもありますね。

エアコン脱着が格安

最近は大抵1台はエアコンが付いた物件が多いと思いますけど、やはり持ち込んだエアコンは取り外して引越すことでしょう。

一般的に持ち込みのエアコンを1台取付を依頼すると、15,000円から20,000円くらいが相場ではないかと思います。

一括で依頼することでエアコンの脱着が何と1万円~という破格の扱いに。

もちろん、建物の構造などによっても変わってきますけど、ちょっと知り合いに頼んでも出ない数字だと思います。

火災保険の取り扱い

結構皆さん勘違いされるんですけど、火災保険って必ずしも不動産屋さんで入らなくてもいいんですよね。

加入証明書を提出すれば、他社で加入してもOKですっていう不動産屋さんも結構あるんです。

こちらもキャンペーンをしていますので相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

昔から引越し貧乏っていう言葉があるくらい、引越しというものはお金が掛るんです。

たった数分で一括見積もりの出来るこのサービスを利用しない手はないと思いませんか?

コメント