スポンサーリンク

持ち家には付いて回る外壁のリフォーム

コラム

自宅を新築してこの冬で10年。

どこの家庭もでしょうけど、いろいろありました。

さて、10年が一つの区切りで自宅もメンテナンスの時期です。

持ち家の場合、こういったメンテナンスとか、固定資産税とか、もちろん金利が掛かるから賃貸の方が生涯で考えて安い・・・と言われる賃貸派の方も相当数いらっしゃる事は周知の上ですが・・・

たなぼた
たなぼた

私、持ち家派です。

持ち家派だからこそ、先々のことを考えて家も大事にしておきたいと思ってます。

リフォームして綺麗にしておきたい
スポンサーリンク

人生においてお金を何に掛けるか

車とかも別にいい車に乗りたいわけじゃないし、外食でおいしいもの食べたいとかありません。

服だってしまむらやユニクロとかでも全然平気。

なんだかんだ言って、生涯収入のなかで何にウエイトを置くかだけだし、賃貸で家賃を払う方が安いと言いながら車とかにお金を掛けてたら、結局老後の生活資金って変わらないと思うんで「老後も働かないと住むところが無い」ってことになりかねません。

働くのが嫌なわけじゃないけど、死ぬまで住むところのために働くのはちょっと・・・

ま、ま・・・これらの意見にはもちろん反対の人もいるわけで、この話はこれくらいにしておきます。

外壁のリフォームをして家を長持ちさせる

私の中では決着が付いているのですが、基本的に「持ち家派VS賃貸派」の戦いに終止符というものはないと思ってます。

さて、持ち家派にはどうしてもついて回るのが家のメンテナンス。

特に外壁のメンテナンスは出費が大きいだけにためらうところですが、これを渋ると将来的に更に大きな出費になりかねない大事な費用です。

うちは、外壁がモルタル吹付け、屋根がコロニアル。

屋根が瓦なら塗装の心配はないんだけど、コロニアルはコストが安い反面、塗装などのメンテナンスが掛かり、家のライフルサイクルコストで言うと瓦とあまり変わらないかなと思ってます。

後は足場。

足場は全く家の耐久性には関わらないのに、どうしてもついて回る費用です。

外壁に使われる塗料は様々

塗装については劣化しにくいものはもとより、光触媒で汚れにくいもの、遮熱効果のあるものなどなど、塗料自体が年々進歩しています。

実際どこまで違うの?と言われると「???」ですけど、もちろん実験などしてからの結果でしょうけど、一番大事なところは実感できるかどうかですよねw

家を購入する時にリフォーム費用を把握しておく

家を購入する際には、家代以外にも外壁に関わるリフォーム費用の見積りを参考にもらっておくといいです。

売る側としては、お客さんが不安に感じるから出したがらないでしょうけど、いずれは必要なメンテナンスなんで、家を購入する時に金額だけでも押さえておくと、後々貯蓄なんかの予算もたてやすいですからね。

よく考えたら、ハウスメーカーも新築で建てたときとか売ったときに、そういう費用に関するところの見積りをくれればよくないですか?

もちろん、建てた時と10年後の塗装工事関わる単価は変わるだろうけど。

ついつい構えちゃうよね。

自宅の外壁をリフォーム、塗り替えの見積り依頼の方法
先日思いついて、自宅外壁の見積もりの依頼をしてみました。まず一番に、「どこへ見積もりだすの?」っていうところが一番億劫なところなんでしょうけど、たなぼた私・・・建設業界で働いてます・・・なので、塗装の業...

コメント