スポンサーリンク

へそくりを貯めるのに開設したネット銀行だったけど便利すぎる

コラム

今や銀行のATMや窓口に並んでお金を出し入れしたり、振り込みをする時代ではありません。

給料日直後とか、ゴールデンウィークや年末年始の大型連休直前などは、駐車場に車が入らないくらい並ぶこともあるでしょう。

あれって、車の列やATMに並ぶ人の列見るだけ疲れちゃうんですよね・・・

でも、ネット銀行があればもうそんな心配はありません。

自宅に居ながらネット経由で振り込みもできますし、会社帰りにコンビニで入出金しようと手数料は無料なのです。(各銀行のプログラムに寄ります)

私は過去にはイーバンク(現:楽天銀行)やソニー銀行、新生銀行など複数のネット銀行を使ってましたが、現在は住信SBIネット銀行に落ち着いています。

スポンサーリンク

ネット銀行が便利なところ

ネット銀行が便利すぎるところ
ネット銀行はメリットも多く便利

先ほども触れましたけど、ネット銀行のいいところはこのようなところです。

※例として住信SBIネット銀行の例を挙げています。

コンビニATMの手数料が無料

このランクというのは利用状況によって異なりますが、現在私はランク2で利用しています。

ランク4 ランク3 ランク2 ランク1
預け入れ無制限無制限無制限無制限
引き出し15回7回5回2回

引き出しが5回を超えると有料になりますけど、1週間に1回引き出せること思うと不自由はありません。

まあ、月に1回から2回くらいかなぁ

振り込み手数料が無料

こちらは振り込み手数料が無料の回数です。

同行間なら手数料が掛りませんので、急にお金が必要になった時に妻の口座に振り込んだりする時に重宝してます。

ランク4 ランク3 ランク2 ランク1
同行あて振込無制限無制限無制限無制限
他行あて振込15回7回3回1回

また他行への振り込みは、例えばネットオークションなどに参加する時には重宝しますし、私は自動振り込みを設定して、ゆうちょの学資保険の振り込みに使用しています。

ネット証券やFX口座に便利に入金できる

する、しないは別として、いざ投資を始めようと思った時に必要になる証券口座やFX口座への入金はネット証券から便利に入金できます。

少額投資をする際に一番ネックになるのは手数料です。

その手数料を安く抑えることが出来るのがネット証券というわけです。

これはまた機会があれば書いてみたいと思います。

ポイントサイトからのお金を換金できる

お小遣いサイトやポイントサイトと言ったサイトで貯めたポイントを、手数料無料で受け取ることが可能です。

こういったポイントサイトからの換金で一番フレキシブルに対応するのは、間違いなく楽天銀行です。

お小遣いサイトからの換金目的でネット銀行を開設するなら楽天銀行をおすすめしますけど、実際には住信SBIネット銀行であっても問題はさほどありません。

便利すぎるネット銀行の悪いところ

便利すぎるネット銀行の悪いところ
便利すぎるネット銀行ですが、不便なところもあります

そんなメリットも多いネット銀行ですが、悪いところもあります。

通帳がない

そう、通帳と言うものが存在しません。

じゃあ、入出金の記録はどうするの?というと、ネットの画面で確認するか、ダウンロードして残しておくという方法になります。

あまり再々出し入れすると分かりにくくなるのが欠点です。

不正アクセスが不安

そうは言っても、こんなご時世ですし、不正アクセスは不安ですよね。

突然残高が0になったらと思うとぞっとします。

この点は各銀行とも二重、三重のセキュリティを準備してますからめんどくさがらずに使用しましょう。

ちなみに住信SBIネット銀行の場合にはスマート認証というアプリがあり、それでロックを解除しないとログインできない仕組みになってます。

また振り込みの際も、そちらでの認証をしないと振り込まれません。

まとめ

元々はへそくりをためておくために開設したネット銀行ですが、あまりの便利さにもう手放せなくなりました。

もちろん地銀や信用金庫といった金融機関でも、似たようなサービスがあるのは知ってますけど、証券口座やFX口座と言ったものへの入金などにも利用でき、便利に利用しています。

以上「へそくりを貯めるのに開設したネット銀行が便利すぎる」でした。

損してない?楽天銀行の使い方をもう一度見直してみよう
ネットバンクを使いだすと、年末年始や結婚式のご祝儀のときに、お札を交換しに行くくらいしか用がなくなり、本当に便利なんです。そのネットバンクの中でも楽天銀行は何と600万口座を突破し、日本国民を1億2000万とすると約5%の人が保有...
auじぶん銀行の誕生でネット銀行の勢力図も変わるのか?
携帯電話会社のauが出資している金融サービスに、じぶん銀行とカブドットコム証券があります。2019年2月12日、KDDIがカブドットコム証券に出資をすると発表しました。auの出資比率カブドットコム証券は49%まで出...

コメント